クレジットカード現金化はチケットや商品券でも可能?仕組みとリスクを徹底解説

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を使って購入したチケットや商品券を売却することで現金を手に入れる方法です。本記事では、その仕組みと法的リスク、注意点について詳しく解説します。安全に現金化を行うためのポイントも紹介。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用して購入したチケットや商品券、金券を売却することで現金を手に入れる方法です。以下にその仕組みと注意点について詳しく説明します。

現金化の仕組み

  1. 購入: クレジットカードのショッピング枠を利用して、価値のあるチケットや商品券、金券を購入します。

  2. 売却: 購入したチケットや商品券、金券を金券ショップやリサイクルショップで売却し、現金を受け取ります。

注意点

  1. 法的リスク:

    • 古物営業法: チケットや商品券の売買には古物営業法が適用されます。許可を得ずに営利目的で反復的に売買を行うと、法に抵触する恐れがあります​。
    • 特定商取引法: ネット上で販売する場合、営利目的で継続的に取引を行うと特定商取引法の規制対象となり、違法行為とみなされる可能性があります。
  2. クレジットカード会社の規約: クレジットカード現金化は、カード会社の規約で禁止されていることが多く、発覚するとカードの利用停止や強制解約のリスクがあります。

  3. 換金率: チケットや商品券の換金率は購入額の70%〜90%程度となることが一般的で、金券の種類や市場の需要によって変動します​。

現金化が可能な具体例

  • 新幹線チケット: 高い換金率が期待できますが、頻繁に取引すると古物営業法に抵触する可能性があります。
  • 商品券(例: QUOカード: 比較的簡単に売却可能ですが、やはり頻繁な取引はリスクがあります。

現金化を行う際の注意事項

  • 一度限りの利用: 法的リスクを避けるため、現金化は一度限りにとどめるのが安全です。
  • 許可の取得: 繰り返し行う場合は、古物営業の許可を取得することが求められます​。

■クレジットカード現金化のやり方の解説はこちら

fujisaki-1857.hatenablog.com