クレジットカード現金化はなぜばれるのか?原因と対策法を徹底解説

クレジットカード現金化がばれる原因とは?キャッシング枠の使い切りや換金性の高い商品の購入など、現金化が疑われる行動とその対策法を詳しく解説します。ばれた場合の対処法も紹介!

クレジットカード現金化がばれる原因について詳しく説明します。クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反する行為であり、その行為がばれるとカードの利用停止や強制解約などの措置が取られる可能性があります。

なぜクレジットカード現金化がばれるのか?

1. キャッシング枠を使い切っている場合
クレジットカードのキャッシング枠を使い切ると、カード会社は利用者が資金に困っていると判断し、ショッピング枠での現金化を疑うことがあります​​。

2. 急にショッピング枠を上限まで使う場合
普段あまり利用していないショッピング枠を突然使い切ると、不自然な利用としてカード会社のシステムに検知され、現金化を疑われることがあります。

3. 換金性の高い商品の大量・頻繁な購入
金券やギフト券、新幹線の回数券など、換金性の高い商品を短期間に大量に購入すると、現金化目的の利用とみなされやすくなります。

4. 支払いの遅延や延滞
クレジットカードの支払いを遅延したり延滞したりすると、資金繰りが厳しいと見なされ、現金化の疑いが強まります​​。

対処法

現金化が疑われた場合、以下のような対処法があります。

1. 電話対応をする
カード会社から確認の電話があった場合は、無視せずに対応しましょう。購入した商品やその利用目的について具体的に説明できるように準備しておくことが重要です​。

2. 言い訳を用意する
例えば、商品券やギフト券を購入した理由として、プレゼントや返礼品として使用するなどの正当な理由を用意しておくと良いでしょう​。

3. 現金化を控える
一度疑われた場合は、しばらくの間は現金化のためのクレジットカード利用を控えることがリスクを減らすポイントです​。

■クレジットカード現金化のやり方の解説はこちら

fujisaki-1857.hatenablog.com